データ分析

世界のあらゆる企業が、今まで蓄積してきた経営データから価値を引き出すことが必要であると考え、企業のデータを金融資産と認めるビジネスリーダーも少なくありません。しかし、蓄積してきたデータは膨大な量で「ビックデータ」化していることがほとんどです。つまり、データを活用したいのに活用できていないというのが、現状です。

企業内に蓄積されているが認知されず活用されていないデータのことを「ダークデータ」と呼びます。
日本企業の30%前後が社内データのうちの約70%を「ダークデータ」化させていると言われています。
「ダークデータ」を活用できない要因としては、データが多すぎること、必要な人材が不足していることなどが考えられます。

弊社では「ダークデータ」をはじめ様々なデータの分析の手法を提案し、実際に分析・結果の可視化まで提供して、お客様の未来がよりよくなるようサポートをしています。

時系列データ分析・予測

時系列データとは、ある現象を時間的に観測して得られたデータのことを指します。例としては、「一定期間の気温のデータ」、「毎日の株価」、また「1年間毎に身長が何cm伸びたか」なども時系列データといえます。

この時系列データには、過去のデータが未来のデータと関係性を持つことがあります。(「昨日暑かったから今日も暑いだろう」といったイメージです)
つまり、時系列データをうまく解析すると、過去から未来を予測することができる場合があります。
ただし、すべての時系列データにおいて未来の予測ができるわけではありません。予測ができるデータかどうか判断することも重要となります。

弊社では、お客様からいただいたデータが予測できるデータであるかの判断から、分析・予測まで行っています。

メニューを閉じる